Home » 最新情報 » 活性炭によるヨウ素131除去の可能性について

活性炭によるヨウ素131除去の可能性について

3月11日(金)に発生した東日本大震災により、 亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様、 そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。
 
平成23年3月23日 厚生労働省は以下のプレスリリースを行いました。
 
このリリースの参考情報として、福島第一・第二原子力発電所の事故に伴う水道の対応についてという資料が添えられています。
 
この資料には以下のように記されています。
以下、引用
————–
4.放射性物質の浄水処理については、知見の数が少ないものの、活性炭処理による除去効果を示す知見が存在するため、指標値に近い値が検出された水道事業体等においては、粉末活性炭等による処理の実施を検討し、指標値以下となるよう取り組まれたい。なお、指標値を超過した場合、厚生労働省においても飲用水の供給に係る応援体制を整備すべく取り組んでいく。
————–
(参考5)浄水処理によるヨウ素 I131 の除去に関する知見
放射性物質の浄水処理については、知見の数が少ないものの、活性炭処理による除去効果を示す知見が存在する。
————–
 
確証はないものの活性炭による浄水処理がヨウ素131の除去に効果がある可能性を示唆しています。
弊社が製造・販売するお風呂浄水器 美しの泉は、活性炭を圧縮成型焼結したカーボンブロックフィルターを使用しています。
水道水に含まれる不純物を除去し、お肌に優しいお風呂をお楽しみ頂くための製品です。

※尚、弊社製品がヨウ素131を除去する事を保証するものではございません。
※また現在水道水から検出されているレベルであれば、手洗い・入浴などには影響がないとされています。